ご朱印

江戸時代の頃から続く 社寺参拝の証

時代と共に授与形式やデザインが変わっても

ご朱印は いつの時も 信仰とともにあります

絵柄付き ~変化ご朱印~

当社の絵柄付きご朱印は「変化ご朱印」と称し、上旬(1日~10日)中旬(11日~20日)下旬(21日~月末日)を目安に、月に3回絵柄が変化しています。

ご朱印をから当社を思い出して欲しいとの思いから、絵柄は神社境内の風景や飾り物、季節の植物などをモチーフに神職自ら「消しゴミはんこ」を彫って添えています。季節の移ろいと共にご朱印の絵柄も変化して行きます。

小さな村の鎮守さまですが、ご朱印を通じ「高司神社」の名が拡まることを願い、神職自ら絵柄を奉製しています。

現在の絵柄付きご朱印

お初穂料 500円(6月上旬)

通常のご朱印

お初穂料 500円

【 絵柄付きご朱印も直書き対応しています 】

【6月】箔押し見開きご朱印

お初穂料 1,500円(書置渡し推奨)

【箔押しとは】  別名「ホットスタンプ」とも呼び、金属を薄く叩き伸ばした「箔」を熱と高い圧力を用いて転写する特殊印刷加工です。加工部分がメタリックにキラキラ輝く装飾は、他の印刷では表現できません。伝統的な金箔・銀箔を貼り付ける「金貼り」とは異なります。

【類い希なるご朱印】  絵柄のデザインから凸版作成、箔押し加工から墨入れまで、神職自らが行う完全自社奉製です。箔をふんだんに乗せご朱印の高級感を一層引き出しています。絵柄は「高司神社の風景」にこだわらず毎月季節の絵柄を用いています。

【直書きできます】大判サイズ、2~3週間の預かりで直書き対応しています。ただし奉書紙はベタ面のカスレ・細かい箇所の箔つまりが生じます。ご相談ください。受付締め切り、毎月25日

※箔押し画像はメタリック感が黒く写ります

箔押し風景

【掲載更新は2~5日程遅れます】

社頭休務時のご朱印対応について

当社は定休日また臨時でお休みする日があります。
休務日は社殿正面に「ご朱印申し込みセット」を用意しています。
2パターンございます。どちらかご利用ください。

■「書置き郵送」を希望の方
書置きご朱印を郵送にてお届けします。
申込書に必要事項を記入し、初穂料は賽銭箱にお納めください。

■「後日帳面直書き」を希望の方
ケースの「参拝証」を1枚お持ち帰りください。
次回参拝時に「参拝証」を提示してください。その時の絵柄・日付で墨入れ致します。
※参拝証の日付が空欄だった場合には自筆で記入をお願いします。

頒布終了のご朱印 令和6年過去録

1月のご朱印

1月1日~31日迄

1月は吉祥文様の鳳凰を添え、絵柄を変えずにお分けしています。

鳳凰は幸せをもたらす霊鳥とされ、良き一年となるよう又、変わらぬ平和が続くよう願いを込め、毎年絵柄を変化させず授与しています。

1月7日限定 人日節句(見開きサイズ)

2月のご朱印

上旬

中旬

下旬

猫の日

1月15日の小正月より豊作を願い飾り付けた団子ならし。参拝の皆さまにも付けてもらい、たわたに実りました。
中旬には遠くの山に雪が積もり、寒さで膨れた縁起物「ふくらスズメ」が身を寄せ合い寒さに耐えて、下旬には山の雪も水に変わり右下には「ユキヤナギ」の蕾が膨らんできました。

2月22日は猫の日、神社の看板猫となった黒猫 くま(くろ)を添えました。
のらねこだった くま ですが、今ではお参りの皆さまに撫でられ、オヤツをもらい「居心地の良い場所」になった神社に、毎日来るようになりました。感情を表す「シッポ」が上がらない くま ですが、喜んでいるはずです。

3月のご朱印

上旬

中旬

下旬

上巳の節句

北・西・東の三方が端山に囲まれた当社。二月に引き続き遠くの山並みと端山の杉の木を添えました。

上旬は静かな杉山と、ろう細工のような花を咲かせる「蝋梅」ろうばいを添えました。
中旬は山から花粉が飛び出し、下部に黄色い花を咲かせたマンサクが咲きました。
下旬は土手に咲き出したオオイヌノフグリ、ツクシが顔を出し始めます。

3月3日はひな祭り「上巳の節句」右に桜と左に橘、縁起物の菱餅と白酒おめでたい絵柄の見開き朱印です。

4月のご朱印

上旬

中旬

下旬

上旬は見頃を迎えた梅と、三月から咲き始め勢いを増すオオイヌノフグリを添えました。
中旬は今年より桜のライトアップを始めた事から「夜桜」に、日中「奉拝」と鳴いていたウグイスも眠そうな様子。
下旬は満開になった八重桜と下部には日本を代表する人気の山野草「シラネアオイ」を添えました。
神社近くの山から鳴き声は聞こえても、見かけることの無い恥ずかしがり屋のウグイスでした。

5月のご朱印

上旬

中旬

下旬

端午の節句

端午の節句にちなみ「鯉のぼり」を泳がせました。五月になると田植えの季節、上旬は神社を囲んだ田んぼには早苗が植えられ、鯉のぼりのシルエットが水面に映ってします。
中旬は歩道沿いに咲いたアヤメと談義中の鯉のぼりを添え、下旬は鮮やかな青色が特徴の、境内に咲く「矢車菊」を主体に添えています。

五節句の一つ。端午の節句。主役に添えた柏餅。柏の葉は、新芽が出るまで葉を落とさない事から家運長久の縁起物だ。後の「ちまき」は諸説あるが茅(ちがや)で食べ物を巻いた物であり、茅は邪気を祓う葉として神聖視されてきた。また菖蒲も厄除けに用いられ又、尚武(しょうぶ)と同じ読みであり節句を代表する花だ。

6月のご朱印

上旬

中旬

下旬

666ぞろ目